2016年12月7日水曜日

α6500で旧古河庭園の紅葉撮影

旧古河庭園 洋館
α6500 & E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

 α6500の初撮りのため、二週連続で旧古河庭園へ。
 保存形式をRAWのみで設定していたのですが、家に帰りパソコンに取り込んでからLightroomがまだ対応していないことに気付きました。
 一瞬途方に暮れかけたのですが、Captureone Express for Sony 10 が対応していたことを思い出し、慌ててダウンロードしてインストール。
 というわけで、本日の写真はすべて Captureone Express for Sony での現像です。

旧古河庭園の紅葉
α6500 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28


旧古河庭園の紅葉
α6500 & E 50mm F1.8 OSS SEL50F18


旧古河庭園の紅葉
α6500 & E 50mm F1.8 OSS SEL50F18


撮る人
α6500 & E 50mm F1.8 OSS SEL50F18

 α6500の感想については、もう少し使い込んでから書きたいと思います。

2016年12月5日月曜日

旧古河庭園の紅葉

紅葉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 旧古河庭園の紅葉です。

 紅葉はグラデーションが綺麗ですね。
 赤いもの黄色いものオレンジのもの。
 多彩な色が入り混じっているのが良いのだと思います。

紅葉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28


紅葉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28


紅葉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28


色づく
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28


紅葉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 最後に。
 正直に申し上げますと、天気の都合もあって、実際の色合いはもう少し地味でした。現像で少し艶やかにしています。
 実物を観てがっかりしないでね。

2016年11月29日火曜日

旧古河庭園 晩秋のバラ

わたらせ
わたらせ
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 紅葉を目当てに旧古河庭園へ行ってたのですが、バラもまだそれなりに残っておりまして、幾つか撮ってきましたのでお披露目。
 個人的には、バラは気温が低い方が良い色が出るように思います(特に紫・青系)。
 単に寒いほうが花の痛みが少ないからそう感じるのかもしれませんが。

朱玉
朱玉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

レディ・メイアン
レディ・メイアン
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 紅葉の写真は現像に手間取っていますので、後ほど。

2016年11月25日金曜日

『角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 2017特典つき全15巻+別巻1冊セット』を購入しました

秋
NEX-6 & FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS SEL70300G

 もう少しで11月も終わり。
 あと2ヶ月でSAPIXでは新5年生になり、歴史の学習が始まります。
 SAPIXでは予習は不要(というか禁止?)ですが、流れが少しぐらい頭に入っているのは悪くはないかと思い、「角川まんが学習シリーズ 日本の歴史 2017特典つき全15巻+別巻1冊セット」を購入しました。
 おまけとして懐中時計「真田家 家紋・六連銭モデル」がついています。

 マンガ版の日本の歴史はいろいろ出版されています。
 主だったところを挙げると、今回購入した角川のもののほか、小学館の「学習まんが少年少女日本の歴史(23冊セット)」、集英社の「新版 学習まんが 日本の歴史 発刊記念特別定価 全20巻セット (全面新版 学習漫画 日本の歴史)」、学研の「学研まんがNEW日本の歴史 成績アップ4大特典付14巻セット」、朝日学生新聞社の「朝日小学生新聞の学習まんが 日本の歴史きのうのあしたは……(7巻セット)」といったところでしょうか。

 どれを選ぶか迷ったのですが、学研と朝日小学生新聞は量が少ないのが心配、小学館のものは1998年改定・増補で少々古いのでやめました。
 残りの角川と集英社でさらに迷ったのですが、角川の方がサイズが小型で持ち運びしやすいのと、集英社は新しすぎて(2016年10月発売)まだ誤植が残っているようなので(集英社のWEBサイトに正誤表が出ています)角川に決定。
 けっして特典の懐中時計「真田家 家紋・六連銭モデル」が決め手になったわけではありませんよ。

○2016.11.29 追記。特典の懐中時計「真田家 家紋・六連銭モデル」はこんな感じ。
懐中時計「真田家 家紋・六連銭モデル」
懐中時計「真田家 家紋・六連銭モデル」

2016年11月24日木曜日

マミーズ・アン・スリールの紅玉のアップルパイ

紅玉のアップルパイ

 リンゴの季節です。
 やなか珈琲にコーヒー豆を購入したついでにマミーズ・アン・スリールをのぞいてみたら、季節限定の紅玉のアップルパイが売り出されていましたので早速購入してきました。
 見ての通りリンゴがたっぷり詰まったアップルパイです。
 紅玉ならではの酸味のきいた味がいいですね。
 うちの子はマミーズのパイが好物なので(アップルパイ以外のパイも美味しいのです)、ときどきおやつ用に買っていますが、たっぷりフルーツのなのに価格が控えめでありがたい限りです。

2016年11月21日月曜日

眠り猫

眠る
気付く
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 熟睡しているようでしたし、こちらも音も立てずにそっと近づいたつもりだったのですが。
 見事に気付かれてしまいました。
 邪魔してごめんよ。

2016年11月17日木曜日

【SAPIX】算数の強化策

落ち葉
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 算数の強化策について模索中です。
 今回のマンスリーテストでは基本的な問題だけでも取りこぼしがないように、デイリーチェックを3回ほど繰り返してやらせてみました。
 やってみてわかったのですが、一度正解した問題でも二度目は間違えたり少し時間が掛かったりすることが意外とありました。
 スムーズに式を立て計算も間違えず正答を導き出すというのは、一度やった問題でもそう簡単ではないようです。

 今回のマンスリーテストの成績表を確認してみると、算数は正規分布になっておらず、偏差値でいうと50~55の層の人数が落ち込み、その両脇がボリュームゾーンとなっています。
 一番多いのが偏差値55~60で全体の23%ぐらいの割合、次に多いのが40~50で18%ぐらい、三番目が50~55で14%ぐらい。
 算数に関しては、授業についていけている子どもとそうでない子どもの差が明確になりつつあるようです。今までの積み上げがきちんとできていないと、その先がわからなくなっちゃうからもしれません。例えば、扇形の円周の計算なんて分数の掛け算ができないと無理ですし、できたとしても約分があやふやだと余計な時間がかかってしまいます。
 ちなみに、今回のマンスリーテストで言えば、比較的基礎的な問題である大問1〜4がすべて正解できれば点数で105点、偏差値で57.1。加えて大問5と6の正答率が高い2問をできれば115点、偏差値60.8。
 というわけで、当面は正答率40%以上の問題をすべて間違えずに解答できるようにすることを目標に、できる問題でもおろそかにせず、反復演習を続けてみようかと。

 また、全般的にスピードが足りなさそうなので、計算力の強化として「小学基本トレーニング 計算」シリーズの5級から1級までを購入し、1日2ページのペースで進めています。
 このペースで進めると1冊が約1ヶ月で終わるので、1級まで終えるには最低5ヶ月。
 なんとか続くといいのですが。

 算数についていえば、センスの問題・才能の問題が一番の課題なのですが、それを言ってしまうと身も蓋もないので、とりあえずできるところからコツコツやっていくしかないですね。

2016年11月14日月曜日

SAPIXの11月度マンスリーテストの結果

ちら見
NEX-6 & 135mm F2.8 [T4.5] STF SAL135F28

 SAPIXの11月度マンスリーテストの結果が出ました。
 前回の平均点が310.4点、今回が295.8点だったので、少し難易度が上がったようです。
 問題を読んだ限りではそれほど難しそうにも思えなかったのですが、学習内容がどんどん進んでいくので、受講者にも疲れが出ているのかもしれません。あるいは、上と下の差が開いているのかな。

 うちの子は今回は少し回復して、前々回のマンスリーテスト並の偏差値に。クラスも元に戻りそうです。
 算数が回復傾向なのは良かったですが、社会と理科は今ひとつなので喜べず。得意科目が国語のみ、という状況をどうにかしなくてはいけませんな。
 それにしても、下振れもするのだから上振れするときもあってもよさそうなものですが、実力を超えた結果を出すなんてことは滅多にないのでしょうねぇ。

2016年11月11日金曜日

スマホのホーム画面の表示をTodoリストのみにしてみた

後ろ姿
NEX-6 & SIGMA 30mm F1.4 DC DN

 Todoリストを管理する上でもっとも大切なのは作ったTodoリストを常に確認し、整理できるようにすること。
 というわけで、AXON Mini のホーム画面にアプリを置くのをやめ、思い切って Remember The Milk のウィジェットのみにしてみました。
 そうすれば○ボタンを押すたびに嫌でもTodoリストが目に入るわけで、そのたびに今日やらなければいけないことを気付くけるかな、と。
 これがうまく機能するか、しばらく試してみようと思います。
 そんなにTodoリストばかり眺めていたら、ホントに嫌気がさしちゃうかもしれないけれど。

2016年11月4日金曜日

ネコ1・2・3

一匹のネコ

二匹のネコ

三匹のネコ

 とあるお墓で日向ぼっこしていたネコを撮影していたら、さらなるネコが次々と来訪。
 先客に軽く挨拶をしてくつろぎ始めました。
 この墓の何がネコたちをそんなに惹きつけるのか?
 最初のネコがこのあたりのリーダーなのか、それとも使われている石材の影響なのか、はたまた埋まっている方の人徳なのか?
 ネコならざる身にとっては謎は謎のままでございます。